宅配クリーニングって大丈夫?試す前に抑えたいメリットデメリット

宅配クリーニングの手引き

宅配クリーニングって大丈夫?試す前に抑えたいメリットデメリット

更新日:

宅配クリーニングは店舗に出向くことなくクリーニングが済むので、忙しいワーママには人気のサービスです。

とはいえ、宅配クリーニングが本当に大丈夫かどうかがわからないと、実際に利用してみようとは思いませんよね。

この記事では、

  • 宅配クリーニングって相手の顔が見えないけど大丈夫?
  • 料金は高くないの?
  • ホントに便利なの?
  • トラブルはない?

など、宅配クリーニングに対する不安や疑問への答えとして、「宅配クリーニングのメリット・デメリット」を掲載しています。

宅配クリーニングのメリットとデメリットがわかれば、「自分に合うかどうか」や「どんなふうに利用していけばいいか」イメージしやすいですよね。

ぜひ宅配クリーニングを試す前の参考にしてください。

宅配クリーニングのメリット

宅配クリーニングのメリット

1.自宅で完結して楽チン

クリーニングに出すとき、引き取るとき。店舗型のクリーニング店だと自分から出向く必要があります。

でもワーママやってると平日にクリーニング店を往復する時間ってありませんよね。

宅配クリーニングのメリットは宅配業者さんのほうが自宅に出向いてくれるところです。クリーニング店を往復する必要がなく、休日の時間をクリーニングに奪われることもなくなります。

宅配クリーニングは自宅にいたまま完結するから楽チンだし、自分の時間をつくることにもつながりますよ。

ライフスタイルを向上させたいワーママにはぴったりなサービスです。

2.申込みは24時間いつでもOK

ネットからいつでも申し込めるのも宅配クリーニングの魅力です。ネットで申し込める宅配クリーニングには閉店時間がありません。

お子さんが寝た後など、落ち着いた時間にクリーニングを申し込むことができ、確実に受け取れそうな日を設定できるので自分の生活ペースを乱さなくて済みます。

宅配ボックスが利用できる環境なら、不在時でも受け取ることができるのでさらに便利ですよ。

3.定額料金で店舗型よりお得になるケースも

宅配クリーニングには店舗型のように洋服によって1点ずつ料金が変わるところと、10点で1パックといった定額料金のところがあります。

定額料金の宅配クリーニングの多くは点数を出すほどクリーニング単価が下がる仕組みになっています。

クリーニング代が高くつきやすい冬物衣料は定額料金の宅配クリーニングがお得です。

例えば、店舗型のクリーニング店で1点2,000円前後するコートやダウンジャケットのクリーニング代。宅配クリーニングだと半額で済むケースも珍しくありません。

宅配クリーニングは料金が高いってイメージがあるかもしれません。しかし1点ずつ料金が変わる宅配クリーニングでも、店舗型のクリーニング店と変わらない価格のところもあります。

4.コンビニからも出せる

宅配クリーニングは自宅に集荷に来てもらえて楽な半面、集荷日までのタイムラグがあったり、集荷時間にも幅があってピンポイントでは指定できません。

そのため自分の時間やペースを大切にしたいワーママにとっては、自由度を制限される感じがするかもしれません。

しかしコンビニから利用すれば、自分の時間を制限されることなく宅配クリーニングを利用することができます。

とはいえ、全てのコンビニから宅配クリーニングを利用できるわけではありません。

宅配クリーニングでコンビニ利用できるところとできないところを詳しくまとめましたので、そちらを参考にしてください。

>>コンビニで出せる宅配クリーニングを徹底調査

宅配クリーニングのデメリット

宅配クリーニングのデメリット

店舗型より仕上がりに時間がかかる

朝出して夕方仕上がるクリーニングを望むなら、宅配クリーニングより店舗型のクリーニング店を利用する方が賢明です。

店舗型クリーニングはお店と工場が近く、1日に何往復も往来することができるため当日の仕上がりが可能となります。

一方で宅配クリーニングはどんなに早くても翌日の仕上がりになります。

工場とも距離があり搬送にも時間がかかるため、急な仕上げを望む方には向いていません。

お店の人と洋服の状態を一緒に確認できない

クリーニングに出す時、お洋服の状態を確認していますか。

自分で確認しない方でも、店舗型ならお店の人とコミュニケーションをとりながら洋服を検品してもらえますよね。

お店の人と一緒に見ればシミや汚れを確認できたり、シミや汚れの原因を伝えることもできます。しかし宅配クリーニングではお店の人と一緒に検品作業が行えません。

宅配クリーニングにはシミや汚れ箇所を伝えるためのシート、要望や指示を書き込めるカードがあります。宅配クリーニングではシミや汚れを自分で知らせたほうが失敗が少なくて済みます。

目立ったシミや汚れがなくても、出す前には写真に撮っておくことも大切です。

写真を残しておくことでトラブルが起こったときの二次トラブルを防ぐことにもつながります。

いずれも出す前の手間にはなりますが、手間をかけたくない方は店舗型のクリーニングを利用した方が良さそうです。

店舗型よりもトラブル対応に時間がかかる

破損や紛失などのトラブルが起こったとき、宅配クリーニングは店舗型よりも対応に時間がかかることを念頭に置いておきましょう。

例えば破損のトラブルが起こった際、店舗型のクリーニング店ならお店の人と直接話せますよね。

破損したものを一緒に見ることができるため状況も共有できます。同じ謝罪でも誠意が伝わりやすい側面もあります。

しかし宅配クリーニングで同じことが起こった場合、顔の見えない相手とメールや電話でのやりとりになります。

破損したものを一緒に見ることができないため、破損したものをもう一度郵送するような手間も必要となります。

状況を共有するのにも時間がかかります。

もしもトラブルが起こったら...という仮定の話ですが、店舗型のクリ-ニング店よりもコミュニケーションのタイムラグがあることは心にとめておきましょう。

宅配クリーニングのメリット・デメリットまとめ

宅配クリーニングのメリット・デメリットまとめ

以上が宅配クリーニングのメリットとデメリットです。

店舗型のクリ-ニング店も宅配クリーニングも同じクリーニングです。実は破損や紛失などのトラブルが起こる可能性に違いはありません。

宅配でのクリーニングというサービス自体が新しいため、事業者だけではなく利用者も不慣れな面があります。

トラブルそのものが大きく取り上げられるため不安になることもあるでしょう。

しかし、クリーニングに時間を奪われたくない方、お店の人とのコミュニケーションが苦手な方にはピッタリのサービスです。デメリットを多く感じた方も考え方ひとつでメリットに変えることもできます。

思ったより安く品質にも問題がないことがわかれば、これからのライフスタイルの向上にもつながります。

ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

>>宅配クリーニングおすすめランキング

宅配クリーニングをコンビニから出しても大丈夫?どこから出せるかを徹底調査

コンビニで出せる宅配クリーニングを徹底調査

自宅にいたままクリーニングが済む。店舗を往復せずに終わるのが宅配クリーニング最大の魅力です。

雨の日や寒い日など、気が進まない日でも出すことができるので、クリーニングの後回しも避けることができますよね。

ただ、ウィークポイントをあえて1つあげるとすれば「集荷の待ち時間」があることでしょう。時間を主体的に使いたいワーママにとって、待ち時間は拘束される時間。

相手の都合で待たされるとストレスも大きくなりますよね。

集荷を待つくらいなら近所のにコンビニに出したほうがクリーニングがスームーズに終わる。そんな考え方をするワーママもいるはずです。

また、知らない宅配業者さんが玄関先に来るのがイヤだと感じるワーママも少なくないでしょう。

ここからは宅配クリーニングのコンビニ利用について徹底調査した結果をお伝えします。

宅配クリーニングでコンビニ集荷をやっているのはヤマト運輸のみ!

宅配クリーニングにはそれぞれ「提携している宅配業者さん」があります。

たいていはヤマト運輸か佐川急便のどちらかです。

ただ佐川急便と提携している宅配クリーニングではコンビニからの集荷が出来ません。というのも、佐川急便自体がコンビニ集荷をやっていないからです。

そのため宅配クリーニングを「コンビニから出す」には、コンビニ集荷をやっているクロネコヤマトと提携しているところを利用する必要があります。

以下、宅配クリーニングの主なところと提携先、コンビニ集荷のありなしと利用条件をまとめましたので参考にしてください。

主な宅配クリーニング~コンビニ集荷のありなし表

リネット(クロネコ)

  • 初回利用はNG
  • 2回目以降の利用からOK
リナビス(クロネコ)
  • 初回からOK
せんたく便(クロネコ)
  • 初回利用はNG
  • 2回目以降の利用からOK
カジタク(クロネコ)
  • 初回からOK
ネクシー(佐川急便)
  • 提携宅配会社が佐川急便のため
プラスキューブ(佐川急便)
  • 提携宅配会社が佐川急便のため
リアクア(クロネコ)
  • 初回利用はNG
  • 2回目以降の利用からOK
クリラボ(クロネコ)
  • 初回からOK

宅配クリーニングはどんな衣類を出すかで利用する店が変わる!

クロネコヤマトと提携している宅配クリーニングでも、初回からコンビニ発送がOKなのは「リナビス」と「クリラボ」だということがわかりました。

ただしリナビスとクリラボはパック料金を採用している宅配クリーニングです。

パック料金を採用している宅配クリーニングは、コートやダウンジャケットなどの重たい衣料を出すには適していますが、ワイシャツやブラウスなどの軽い衣料を出すには不向きという特徴があります。

そのため宅配クリーニングを利用する際は「コンビニ利用ありき」ではなく、

  1. どんな衣類を出すのか
  2. その衣類に適した宅配クリーニングはどこか
  3. その宅配クリーニングはコンビニから出せるか

そういった順序を踏んで利用することをおすすめします。きっとそのほうが失敗が少なくなるはずです。

軽い衣料でコンビニからの発送にこだわらないならこの3社

初回コンビニ発送はNGですが、軽い衣料が中心の宅配クリーニングが多いなら、2回目以降OKなリネットかリアクアのどちらかになります。

またコンビニ発送にそこまでこだわらないなら、ネクシーも加えた3店のみで比較したほうが比べやすいでしょう。

なぜならこの3店は、パック料金ではなく通常のクリーニング店と同じように洋服の種類によって1点ずつ料金が違うからです。

リネット・リアクア・ネクシーの料金や納期などサービスの違いはこちらのページで徹底比較していますので、こちらの記事も参照にしてください。

リネットと同じ料金体系のリアクア・ネクシーとサービス比較(目次の5番)

宅配クリーニングはローソン・ミニストップから利用できない!利用できるコンビニまとめ

コンビニ集荷OKの宅配クリーニングでも、ローソンとミニストップからは宅配クリーニングを利用できません。間違えないようにしてください。

佐川急便はコンビニ発送を受け付けていない宅配業者ですが、荷物の受け取りサービスをコンビニではやっています。その提携パートナーがローソンとミニストップなのです。

そのため記入済みの着払い伝票を持ってローソンやミニストップに行っても、提携関係のないヤマト運輸の荷物は扱ってもらえません。

以下、宅配クリーニングを受け付けてもらえるコンビニを記載いたします。

宅配クリーニングの窓口になるコンビニ一覧

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • デイリーヤマザキ
  • ヤマザキスペシャルパートナーショップ
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • スリーエイト
  • くらしハウス
  • ニューデイズ
  • アズナス
  • アンスリー
  • オダキューマート
  • リトルスター

宅配クリーニングのコンビニ利用の手順 まとめ

step
1
まずどんな衣類を出すか

ワイシャツやブラウスなどの軽い衣類か、ダウンやコートなどの重たい衣類か。

step
2
その衣類に適した宅配クリーニングはどこか

軽い衣類を中心に出すなら1点料金のクリーニング。重たい衣料を中心に出すならパック料金のクリーニングをチョイスしましょう。

step
3
その宅配クリーニングが提携している宅配業者はどこか

クロネコヤマトと提携していればコンビニ集荷できます。

step
4
ローソン・ミニストップ以外のコンビニへ

クロネコヤマトは「ローソンとミニストップ」には集荷に来ないので、それ以外のコンビニに出してください。

宅配クリーニングだからトラブルが多い訳ではない

宅配クリーニングにはトラブルが多い。そんなイメージを持っている方もいらっしゃるでしょう。しかし宅配ではなかった時代でも実はトラブルが多かったのです(表参照)。

クリーニングのトラブル

参照元:PIO-NET 消費者被害の現状より

宅配クリーニングがほぼ存在していない2007年からの3年間。国民生活センターに寄せられる相談の中でクリーニング業界への相談割合は3年連続1位です。相談内容の中で最も多いのが紛失によるトラブル。

紛失はまずタグのつけ間違いで起こります。また引き渡しの際、店側の取り間違いとユーザー側の未確認によっても起こります。そのままクローゼットに収納すると、次に着用するまでは気づきませんよね。

紛失を防ぐにはユーザーである私たちも、受け取るときの確認が必要です。これは宅配クリーニングで商品を受け取ったときも同じことが言えます。

クリーニングのトラブル相談は減っている

そんなクリーニングのトラブルですが近年は減少傾向にあります。

PIO―NET*によると、クリーニングに関する相談件数は、2012年度 6,083件、2013年度 5,917件、2014年度 5,912件、2015年度 5,678件、2016年度 4,693件で、減少傾向にあります。

一方、ネット社会の発展に伴う新サービスであるインターネットを通じて注文するクリーニングサービスに関する相談件数は、2012年度57件、2013年度56件、2014年度182件、2015年度194件、2016年度123件であり、2013年度から2015年度までは増加傾向にありましたが、2016年度は減少しました。

引用元:国民生活センター 消費者問題をよむ・しる・かんがえる 国民生活web版より

宅配クリ-ニングと店舗型のクリーニングの違いは、「自分でお店に出向く」か「宅配業者さんが出向いてくれるか」の違いです。もちろん「近い」か「遠い」かの違いもあります。

ただ洋服を預けた後はクリーニングしているところを見ることってありませんよね。

そう考えると、宅配クリーニングだから心配というのもちょっと違う気がします。実際に宅配クリーニングを利用した方の多くはサービスに満足しているデータもあります。

参照:クリーニングに関する意識調査⇒宅配クリーニングの利用経験は1割も90%以上の方は良かったと回答

宅配クリーニングは同じクリーニングです。食わず嫌いになることなく便利に利用して自分時間を増やしていきたいですよね。

宅配クリーニングのトラブルを避ける3つの方法

宅配クリーニングのトラブルを避ける3つの方法

宅配クリーニングを出すうえで心配なのが「紛失」「破損」「変色」「縮み」などのクリ-ニング事故。

でも通常の店舗型クリーニングでも事故が起きている事実がある以上、宅配だからという理由でクリーニング事故が起こるわけではありません。

国民生活センターがまとめたクリーニングのトラブルの問題点として、以下のことが指摘されています。

(1)クリーニングは、消費者の目の前で展開されるサービスでないことからトラブルの原因の特定が難しく、また、クリーニングに対する店側、消費者側双方の認識が微妙に異なるため、トラブルとなり、消費生活センター等への相談となると考えられる。

(2)相談内容でトップの「紛失」の原因は、ほとんどが店頭での仕上がり品の受け取りの際、店、消費者双方が確認せずに、消費者が自分のものではないものを持ち帰ってしまうことから発生する。

国民生活センター:クリーニングサービスのトラブル防止のために

通常のクリーニングと宅配クリーニングの違いは自分でお店に出すか、宅配業者さんを通して出すか。顔が見えるか見えないか。近いか遠いかの違いです。

この違いを埋める方法は3つあります。

1.出す前の状態をしっかり把握すること

シミなどがついている気になるとことはもちろんですが、問題ない箇所も写真を撮りましょう。

特に生地に厚みのある縫い目の部分はドライクリーニングの溶剤でシミになることもあります。

お互いの認識のズレをなくすためにも、クリーニングに出す前の写真は必ず撮るようにしましょう。

2.返ってきたときに必ずチェックすること

クリーニングから戻ってきたらそのままクローゼット行きになっていませんか。

宅配でも店舗型でも、クリーニングから戻ってきたらビニールを外してチェックするのはトラブル防止の基本です。

宅配クリーニングの場合、クリーニングの再仕上げを無料対応しているところがほとんどです。

ただ対応期間が1~2週間以内と、期限付のところがほとんどなので戻ってきら「必ず」「すぐ」チェックしましょう。

その際、タグはその店でクリーニングをした証明書になります。絶対に外さないようにしてくださいね。

3.保証がしっかりしているところを選ぶこと

クリーニングトラブルはないのがいちばんですが、「顔が見えない」「距離が遠い」からこそトラブル対応はしっかりやってもらいたいですよね。

宅配クリーニングを利用する際は、ホームページを見たときに保証のことをわかるところにしっかり載せているかどうかも選ぶ基準のひとつになります。

-宅配クリーニングの手引き

Copyright© 【宅配クリーニング10店を徹底比較】ワーママにおすすめなのはココ! , 2019 All Rights Reserved.